グーグルサーチコンソールをスマホから設定する方法!

Cloudwork

タイのチェンマイと言う所でノマドライフを楽しんでいます。スマホからの作業のみでいくつかのウェブサイトを運営しています。このサイトは前から作りたいなと思っていたスマホだけですべての作業をこなすための方法やテクニックをメモするためのサイトとなっています。

昨日はスマホからアナリティクスを導入する為の手順をメモしました。今日はスマホからでもサーチコンソールを導入してSEO対策をする為の準備をメモします。スマホからでも簡単にサーチコンソールを導入して検索エンジン最適化を向上させてゆくことがができます。

サーチコンソールはSEOを意識する上でなくてはならないツールです。グーグルからの評価を確認するためにはこのサーチコンソールがどうしても必要となってきます。いわば内部対策を充実させるためのツールと言えるでしょう。

では早速導入の方法を見てゆきましょう。と言ってもそれほど難しくはないので慣れている人なら5分で終わる作業だと思って貰えれば良いかと思います。それほど構えずに必ずできるので焦らず一つ一つ進めてゆきましょう。

サーバー側の設定を少し触るのでそこだけは慎重に行ってくださればと思います。私の使っているサーバーは海外からの作業でもセキュリティ面で安心できるエックスサーバーを使っています。

まずサーチコンソールへ入ります。今すぐ開始と言う表示が右から現れます。すぐに管理画面に切り替わると思います。左側に自分の運営しているサイトが縦に並んで出てくるかと思います。

プロパティを追加の項目があると思います。そこをタップします。

サマリーのすぐ上をタップすると運営しているサイトが並んで出てきます。一番下にプロパティの追加の項目があります。まだ一つもサーチコンソールに登録していなければプロパティの追加の項目が一番上に出てきます。

プロパティの追加をタップするとサーチコンソールに登録したいサイトのURLを記入して続行をタップします。

そうするとDNS レコードによる所有者の確認と言う画面が出てきます。そこにあるソースコードをコピーします。

ソースコードをコピーしたら、今度はサーバー側の設定をします。エックスサーバーのサーバーパネルに入ります。そしてDNSレコードの設定をタップします。

次にDNSレコードの追加をタップします。

種別と内容だけ設定します。種別はTXTを選びます。内容のところには先程サーチコンソールで発行したソースコードを貼り付けます。そして右下の確認画面へ進むをタップして確認して設定したら完了です。

設定が完了してしばらくするとサーチコンソール側の設定も完了します。サーチコンソール側の設定が完了したかどうかを調べるために、再びサーチコンソールに入ります。はじめと同じように設定したサイトのURLを貼り付けます。次のような画面が出てきたら完了です。

所有権が確認された画面が出て来たら完成です。サイトの分析を行ってGoogle側の評価を改善するようにしてゆく事ができるようになります。          それではまた(. ❛ ᴗ ❛.)

Translate »