スマホワーカー 資料を作成したり読んだりpdf の活用方法

Life hack

サワディークラップ(タイ語でこんにちは)
タイでスマホワーカーを楽しんでいます。いつもポケットにスマホ一つを忍ばせてノマドワークに打ち込んでいます。

スマホワーカー


情報の伝達や受けたりするのに便利なのがPDFです。紙媒体のものを電子化したものがPDFです。そのまま印刷する事が出来るのもPDFであると言えます。

PDFの電子的な資料は紙媒体とは違って、管理しやすいものとなるので多くの人が使っています。スマホでも閲覧または注釈やマーカーなどをつけて、PDF資料に直接書き込む事も可能なので大変便利なものです。

私もよく使います。特にウェブページをまるごとPDFにしてしまって、注釈マーカーなどを使って参考資料にします。

以前はPCで行なっていたのですが、最近はスマホだけでPDFの作業をしています。アドビのスキャンを使えば何でもPDFにしてしまう事が出来るので物凄い便利です。

ウェブページをPDF化

クロームブラウザを使っているならウェブページをまるごとPDFにする方法は簡単です。PDFにしたいウェブページを見つけたら、右上の縦に並んだ3つの点をタップします。

そのあと共有をタップします。印刷のアイコンをタップします。そして保存をタップするとウェブページのPDF化されたものがファイルの中に入っていると思います。

ただしセキュリティ設定がかけられているとすべてのページをPDF化することは出来ない事もあります。

スマホだけで完結させる事が出来るのがなんとも速いです。見たままの状態が印刷出来ると言う点が便利なところであります。

アドビアプリのリフロー機能

長文資料を読む時などはピンチインを使って読むよりも、リフロー機能などを使うと読みやすくて便利です。

アドビの場合はリフロー機能がピンチインのような感じで使えるので、戸惑うことなく使いこなせると思います。

リフローにするには紙マークの所をタップ
リーダーモードの所を選びます。あとはピンチすることによって文字が大きくなり読みやすくなります。

文字列などの写真をとってPDFにしたい時もよくあります。アドビのスキャナーアプリを使うならば、簡単にPDF資料に仕上げてゆく事が出来ます。

ExcelなどのデータをPDFにしたいときも、スクリーンショットをとって、PDFに仕上げてゆく事が出来る点も速くて簡単に仕上がるので使い勝手が良い点かなと感じています。


 

PDFデータを受け取る機会が多く、以前はPCを立ち上げて閲覧、書き込み、資料づくり処理をしていましたが、スマホだけでも同じことが可能なので手軽に出来るようになりました。

まとめ

特にアドビのPDFアプリとスキャナーは最高に使いやすくなったなぁと感じています。

スマホでの作業もますますしやすくなってゆきますね。スマホワーカーとして、スマホからの作業をこれからも研究してゆきます。

それではサワディー

ココナラ

Translate »