プログラミングの勉強 独学でも十分可能!スマホのエディターQuickEditProは使いやすい!

Programming

サワディークラップ(. ❛ ᴗ ❛.)

タイのチェンマイと言うところでノマドライフを楽しんでいます。モバイルワーカーでカフェでの作業が多くなりすぎている今日この頃です。

と言う事で今日は普段プログラミングを趣味でしているのですが、すべてスマホから作業しています。

スマホでも問題なくコードを打ってプレビュー確認してサーバーにアップロードしてインデックスさせる事が簡単にできるので、その流れをメモしておきたいとと思います。

QuickEditPro エディター

まず私が使っているプログラミングをするときのコードエディターはQuickEditProと言うアプリです。様々なプログラミング言語の構文にも対応しています。

サーバーとの接続もワンタップでファイルを操作でき保存出来るので爆速で完結させる事が出来ます。ノンストレス、ノンストップアプリです。

使い方は簡単です。シンプルな作りで直感的にわかると言う事と日本語対応の操作パネルになっているので戸惑うことなくサクサク使えます。

操作パネル

QuickEditProのアプリをタップするとすぐにエディターが起動します。既にサーバーアップロード済みのサイトの更新作業であるならば左隅のコントロールパネルボタンをタップします。

左側からフォルダがしまってある場所がスライドしてきます。サーバーを使っている方であるならばサーバー側のアカウントに入れるように設定する事が出来ます。

コントロールパネルボタンを押すと左側からスライドしてきます。

サーバー側のドメインフォルダにアクセス出来るように設定しておくと一覧に表れます。

新規作成あるいはフォルダからファイルを取り出して作業することが出来ます。

構文を選べは使いたいプログラミング言語を選択出来ます。書きやすくて見やすいものに補完してくれます。

書いたソースコードをプレビュー画面で確認する事も簡単に出来ます。

書き上げたソースコード

プレビューをタップするとソースコードの確認をする事が出来ます。

日本語の操作パネルなのでプログラミング初心者の方でも操作しやすいと思います。

プログラミングの勉強にも十分使えるエディターです。私はほとんどこのQuickEditProでサイトを作成しています。主にペラサイトを作成していてアフィリエイトする時に使います。

売りたい商品が見つかったらとりあえずQuickEditProでHTMLを使って大まかに全体をサクサクっと作ってゆきます。

スタイルを調整しながら作り上げて、完成したらサーバーにアップロードしてインデックスさせます。

最近はこの流れでプログラミングをしています。プログラミングの勉強は実践が1番の習得の早道なのでペラサイトを何個も何個も作るのがいいなと思っています。

まとめ

プログラミングの勉強は独学でも十分可能です。スマホからでも今は使いやすいエディターがどんどん開発されているので、PC使わなくても作成可能です。

特にウェブ系のサイト作成ならPCいらないんじゃないかなぁとか思ったりしてます。

ほとんどの人がネットの閲覧はスマホからになっている時代ですし、すぐに確認するのにスマホ作業からなら秒速で作業確認できるしとかって思ったりしてます。

それではまだまだスマホワークを追求してゆきたいと思います。サワディーチャーオ(。•̀ᴗ-)✧

Translate »