[マスク]が手に入りにくい!タイでもコロナウィルス対策、布製のマスクが活躍!

Travel

サワディークラップ(タイ語でこんにちは!)

コロナウィルスの影響がジワジワとタイでも広がって来ています。

チェンマイも人が少なくて、渋滞も無くなりました。チェンマイ経済にも影響が出始めている感じです。

加えてガソリンがメチャクチャ安くなっていますね。コロナウィルスの影響かどうかわかりませんが、異常な下がり方をしています。

コロナウィルスが世界のどこでも、感染するリスクがある事がわかってきました。

予防措置をするために手洗い、うがい、アルコール消毒、マスク着用などがあります。

この中で使い捨てマスクが手に入りにくくなっています。

どこに行っても、タイ語でタンモッドレーオ(全部売れちゃった)と言われます。

確かにだいたい2週間前から比べて見ると、町で見かけるほとんどの人がマスクするようになっています。

もっともチェンマイはコロナウィルスの前から、PM2.5の影響でマスク着用率が高かったのですが、売り切れる事はほぼありませんでした。

と言う事で、チェンマイには昔から売られている、布製のマスクを購入することにしました。

10枚入って100バーツの布製のマスクです。デザインは様々なものがあります。

チェック柄は落ち着いている色あい
内側はメッシュ生地

そこら中にある雑貨屋さんで布製のマスクは売られています。

一日使ったら、手洗いでキレイに洗って、乾いたらまた使えるので経済的にも優しいです。

サイズはワンサイズなので、割とゆったり目に作られていて長時間使っても、耳が痛くならないようになっています。

マスクにハンカチや変えの布などを、間に入れて使うと、よりフィットしてフィルターとしての機能が増します。

日本のニュースを見ていると、マスクの品切れのニュースが話題になっています。

やはりタイでも同じように、マスクが不足し始めていますね。

手作りマスクが流行りそうです。デニムの生地でマスクを作って販売している人もいますね。デニムマスクってアリですよね。

コロナウィルスが終息しても、売れそうな予感がします。デニム生地のマスクってデザインの仕方で、オシャレでカッコよくなりそうな感じがします。

それではサワディー!

Translate »