[ミャンマー]東南アジア好きの旅行計画ヤンゴン準備編!観光スポット&food&ショッピング!

Travel

サワディークラップ(タイ語でこんにちは)タイでミニマルな生活を楽しんでいるtoshiです。ミャンマーのヤンゴンに初めて旅行に行くので、現地の情報を収集しています。

主にネットからの情報収集になりますが、ミャンマーの国内の情報量がまだまだ少なくてどんな感じなのかがいまいち掴みづらいですね。

書店に行ってもヤンゴン情報はほとんどないので、本からの情報もネット情報よりも少ない感じです。地球の歩き方に参考になる情報が載せられていますが、ビザ関係の最新情報などはやはりネットが早いです。

ヤンゴンの街の情報取集

2019年にヤンゴンに行かれた方のブログなどが、一番の最新情報であったり、現地に住んでいる日本人の情報が参考になったりします。ヤンゴンの街の地図などもPDFにしてくれている人もいますので、印刷して持ってゆこうかなと思っています。

きょうは観光スポットやfoodやショッピング関係の場所などを調査して、メモしておきたいと思います。

観光スポット

おすすめ観光スポットなどは、有名どころは調べればすぐにわかりますので、ブログ発信している人の情報を一通り目を通していってみたいところを厳選してゆきたいと思います。

ヤンゴンの街をぐるりと一周する事が出来るローカル列車の旅がなかなか魅力的です。一周回ると3時間くらいかかるそうです、料金は200チャットとありました。今のレートだと日本円で15円くらいですかね。その間途中下車も可能で、下車して立ち寄ってみたい場所を選んでおくことも出来ます。

ヤンゴンの街をぐるりと一周回る旅を、滞在中にしてみたいと持っています。

ここの駅 Phaya Lan Train Station から乗れるようです。Yangon to Yangonと言えば切符売ってくれるみたいですね。

ヤンゴンダウンタウン

ミャンマー国際空港から南に20キロくらいの場所にあり、車で40分くらいで行く事が出来ます。

チャイナタウンやインド人街などの、町がつくられていて様々な人種やお店を見たり味わったりすることが出来る場所なので、ぜひ足を運びたいと思っています。

ダウンタウンの大体のイメージを掴むために、有名なスーレーパゴタを中心に東方面と西方面に分かれていて、南北のストリートが1から50くらいあるようです。

ダウンタウンはスーレーパゴタを中心に東西に分かれている。西から東へ1から50ストリート

幾つかのストリートごとに売られているものが、違ってくるようなのでとりあえず、一通り歩いてみて自分の見たいストリートに後から向かう事も出来るかもしれません。

PCやスマホ関連のストリートもあるようなので、そこにはぜひ行ってみたいと思っています。

宿泊する場所もチャイナタウンに割と近い場所なので、夜の街にも繰り出してゆきたいと考えています。

ヤンゴンチャイナタウン 

ミャンマーFOOD

ミャンマー料理にも挑戦してみたいと思うのではないでしょうか!?

美味しいミャンマー料理を楽しめるお店も、事前に調べておいてチャレンジしてみたいと考えています。

ミャンマー人の国民食と言われている、モヒンガーはナマズを煮込んだ出汁スープに、米麺をつけて食べるもののようですが、好みが分かれるようです。食べたことないのでチャレンジしてみたいと思います。

モヒンガーを美味しく食べられるレストランを、チョイスしておきたいと思います。

ラングーンティーハウスがおススメみたいです。観光客や外国人が多いお洒落なカフェスタイルで、ミャンマー料理も食べられるみたいです。ここには一度足を運んでみたいと思っています。

ショッピング

ダウンタウンで買い物もいいのですが、まだ新しい大型のショッピングセンターも行ってみたいと持っています。口コミを見ても安心して買い物したい方にお勧めな感じです。

街歩きが疲れたら、何でもそろっていてセキュリティや衛生面でも安心できる、まだ新しい大型のショッピングモールで買い物や食事をするのもいいかもしれません。

おススメのショッピングモールは Junction City と言い、スーレーパゴタの北西に位置する場所にあります。

まとめ

ヤンゴンに行ったら行ってみたいところや、食べてみたいものを調べている最中ですが、なかなか興味深いものがあります。

普段タイに住んでいますので、同じ東南アジアで見るもの食べるものも似ているようなものも、あるかもしれませんがその違いを現地に行ったらメモしてゆきたいと思っています。

経済発展のスピードがアップしているミャンマーは、今では日本企業もたくさん入り込んでいることがわかりました。日本食レストランなどの多さもそのことをあらわしていると言う事がわかります。

行くまでにまだ時間があるので、もう少し調査してブログにメモしてゆきたいと思っています。今日はこの辺でそれではまたサワディー

Translate »