今がベストなミャンマーヤンゴン旅行!ハイシーズンで気持ち良い!プラスノービザ入国OK!

Travel

サワディークラップ(タイ語でこんにちは)ミャンマー語ではミンガラバーです。ミャンマー旅行に来ています。

気温は日中34度くらい、朝晩は18度くらいでカラッとしていて、とても過ごしやすいです。

@空港の写真を撮るの忘れてしまったので帰りにでも撮ろうと思います。

ヤンゴン国際空港に夜の9時30頃に到着、ノービザで入国しました。現在2020年9月まで日本人はノービザで入国出来ます。

入国する際にパスポートコントロールでパスポートと帰りの出国チケットを、見せました。

帰りの出国チケットは見せろと言われていないのですが、ネットの情報から出国のeチケットを見せるように言われたなどと言う情報があったので、事前に準備しておきました。

列に並んでいると、他の国の人も皆持っていました。

パスポートコントロールの係官は、パスポートと出国チケットを確認して、1ヶ月の滞在スタンプを押してくれたので、スムーズに入国出来ました。

スーツケースカウンターから自分のスーツケースを見つけて、ゲートを抜けて左の方へ行くと、ATMがあるのでキャッシングして現地通貨チャットを調達します。 

KBZと書いてあるATMで、とりあえず150000チャット(11500円位)をキャッシングしました。 

スモール紙幣にするために、すぐ目の前にあるコンビニでビールとおつまみ、サンドウィッチ、ミネラルウォーターを購入しました。

お釣りでスモール紙幣をゲットできたので、今度はHOTELに向かうために、グラブタクシーを呼びます。

グラブタクシーを呼ぶためにアプリを操作していると、タクシーの客引きがつぎつぎ来ます。

グラブの配車が出来ると、運転手さんから電話がかかってきました。ミャンマー語で何言っているか全くわかりませんでした。

ゲート7の道を渡った場所に、グラブカーの人が集まっているようでそこから乗ってゆきました。

グラブのアプリもそこに、GPSのポイントが持っていかれます。アライバルのゲート7から出て道を渡った所からグラブに乗れます。

荷物を運んでくれるような感じで、親切に近づいてきますが、ちょっと運んでもらっただけでチップを要求して来ますので、自分で運べる程度の量なら断るほうが良いかもです。

グラブでホテルまでゆきました。ダウンタウンに割と近いホテルまで、30分くらいで到着しました。夜だったので車も割と空いていてスムーズに来ることが出来ました。

グラブカーの支払いはクレジットカード引き落とし、なので現金のやり取りはしません。6800チャットだったので、日本円で500円くらいです。安いですね。

と言う事で初日は、日本からバンコク経由でヤンゴンまで来ました。

バンコクで5時間の乗り継ぎで、フライトの合計時間は12時間です。年末年始の航空券の高い時期をずらしたので、エアアジアで金額は2万円でした。

ハイシーズンでノービザ入国の出来るミャンマーは、今が一番ベストです。






Translate »