[在宅ワーク]が出来るなら海外ノマドも出来る!そのメリットは?

Life hack

働き方改革によって副業をされる方も増えてきます。

在宅ワークを選ばれる方もいる事でしょう。

ノマドワーカーも在宅ワーカーと同じようなものです。

場所を選ばず働けるのは多くのメリットがあります。

在宅ワークのメリット

まず通勤に伴うロスをなくすことが出来ます。

通勤のために使う時間1時間としたら往復2時間、週に5日10時間、1か月40時間、年間480時間もロスしていることになるのです。

在宅ワーカーやノマドワーカーならこの時間を他の事に使う事が出来る計算になります。

スキルアップのための時間にすることも出来ます。

例えば、この時間を使って英会話などを学ぶ時間に充てればかなりの上達を期待する事が出来ます。

語学習得のカギは毎日コツコツが最短の習得方法なのです。

他にも慣れてこればブログを1本は書き上げる事の出来る時間です。

将来的に収益化を目指して毎日コツコツブログを書いて投資してゆくことも可能なのです。

他にも家の事などにもゆっくり取り組む事が出来る時間です。

ちょっと考えただけで在宅ワーカーのメリットがわかります。

きちんと予定を作ってその時間をダラダラとすごしてしまわないようにしなければなりませんが、それでも余裕が生まれてくることは間違いありません。

在宅ワークの種類

在宅ワークには様々なものがあります。

ライティングの仕事、データ入力の仕事、ウェブデザインの仕事、バナー広告作成の仕事、などなどがあります。

企業も外部のクラウドソーシングに仕事をどんどん振っていますので、クラウドソーシングサービスに登録して在宅ワークを探すことも出来ます。

クラウドワークス

ライティングだけで一月70万以上稼ぐ人もいるので、そこまでではなくても頑張れば普通に稼げる金額を手に入れる事も可能なのです。

バナー広告作成の仕事もなかなか、いい値段のものがたくさん出ています。

3万円くらいからの値段のものが多いですね。

一週間に1案件こなせば12万円くらいにはなると言う感じです。

プログラミングやこのサイトのようなワードプレスのウェブサイト作成の技術を身につけるならば、ウェブデザインの仕事で1案件5万から30万円くらいの様々なものがあります。

海外ノマドも可能

こうした案件であるならば海外でもノマドワークで仕事をしていくことができます。

特に生活コストの安い東南アジアで暮らせば、少ない金額を稼ぎながらも、貯金もすることが可能となってくることでしょう。

日本での貯蓄の難しさ

日本は後進国になっているのでどれだけ働いても、労働賃金の値段はこれからは上って行かない時代に突入しています。

じわじわと物価の高さが生活に押し寄せてくることは間違いありません。

なぜなら日本以外の国の賃金水準が高くなっている一方で日本は逆に下がっているからです。

そして外国では普通に変えるものの値段がじわじわ上がってきても、海外の人からは安く見えるものが高くて手が出ない現象がこれから普通になってくると予想できます。

考え方一つで変わる

働き方改革の背景にはこんな事情も隠されているのです。

誰もが副業あるいは掛け持ちで仕事をしなければならない時代に突入した事になったと言えます。

でも考え方一つで、もう少し楽に生きることは可能です。

その方法は環境を変えることです。

まだ物価の安い生活コストの安い、東南アジアに生活拠点をシフトしてネットで在宅仕事、あるいはノマドワーカーをするなら貯金もする事は可能なのです。

まとめ

在宅ワークが出来るなら、海外でノマドワーカーとしても働くことは可能です。

在宅ワークのスキルを磨いてどこでも仕事が出来る力を身につけるなら生活拠点も移す事は可能となるのです。

誰もが出来る事ではないかもしれませんが、在宅ワークのメリットはたくさんあるので、

どのみち副業を選ばなければならないのであるならば、ネットで仕事が出来るスキルを今のうちから磨いておくと言う投資を、

今のうちからしておく事は賢い選択であると言えるのです。

それではまたサワディークラップ

Translate »