JavaScriptの勉強 論理演算子 switch for while continue break

Programming


次のようなコードの書き方で長くなってしまうときに、論理演算子を使ってあげる事が出来る。

‘use strict’;

const score = 60;
const name = ‘toshilog’;

if (score >=50) {
  if (name === ‘toshilog’) {
    console.log(‘Good job!’)
  }
}

論理演算子を使った場合の書き方!

‘use strict’;

const score = 60;
const name = ‘toshilog’;

// && なおかつ(AND)
// || もしくわ(OR)
// !  ~ではない(NOT)

// if (score >=50) {
//   if (name === ‘toshilog’) {
//     console.log(‘Good job!’)
//   }
// }

次のようにかなりすっきりとしたコードになる!

if (score >=50 && name === ‘toshilog’) {
  console.log(‘Good job!’);
}

**switchで条件分岐をする
例)信号機の命令に関するコード
次のコードには ===が多く使われてしまっている、もっと短くするには

‘use strict’;

const signal = ‘red’;

if (signal === ‘red’) {
  console.log(‘stop!’);
}else if (signal === ‘yellow’) {
  console.log(‘caution!’);
}else if (signal === ‘blue’) {
  console.log(‘go’);
}
switchを使ってあげる

‘use strict’;

const signal = ‘red’;

// if (signal === ‘red’) {
//   console.log(‘stop!’);
// }else if (signal === ‘yellow’) {
//   console.log(‘caution!’);
// }else if (signal === ‘blue’) {
//   console.log(‘go’);
// }

switch (signal) {
  case ‘red’:
  console.log(‘stop!’);
  break;
  case ‘yellow’:
  console.log(‘caution!’);
  break;
  case ‘blue’:
  case ‘green’:
  console.log(‘go!’);
  break;
  default:
  console.log(‘wrong signal!’);
  break;
}

***forを使ってのループ処理
繰り返しの処理を実行できる
回数指定

‘use strict’;

//for

for (let i = 1; i <= 10; i++) {
  // console.log(‘hello’);
  // console.log(i + ‘hello’);
  console.log(`${i} hello`);

バッククウォート記号を使ってあげる 

実行結果
タイトルなし

****whileによるループ処理
特定の処理を満たしている間指定した処理をする

‘use strict’;
// while
let hp =200;
while (hp > 0 ) {
  console.log(`${hp} HP left!`);
  hp ー=15; //ここの終了条件の処理を書き忘れると無限ループに陥ってしまう、最悪PCの再起動が必要になってくるので注意!
}

実行結果

タイトルなし

‘use strict’;
// // while

//
// let hp =200;
//
// while (hp > 0 ) {
//   console.log(`${hp} HP left!`);
//   hp -=15;
// }
// 上記のwhile文の処理をfor文に書き換えてあげる
for (let hp = 200; hp > 0; hp -= 15) {
  console.log(`${hp} HP left!`);
}
実行結果は同じになる

タイトルなし

*****continue break 
特定の回だけ処理をスキップしたいときcontinueを使ってあげる

‘use strict’;
for (let i = 1; i <= 10; i++) {
  console.log(i);
}
実行結果

タイトルなし


continueを使って下記の
7をスキップする処理

‘use strict’;

for (let i = 1; i <= 10; i++) {
  if (i === 7) {
    continue;
  }
  console.log(i);
}

実行結果

タイトルなし

‘use strict’;
for (let i = 1; i <= 10; i++) {
  // if (i === 7) {
  if (i % 3 === 0) {
    continue;
  }
  console.log(i);
}
タイトルなし

処理をお特定の場所で終わらせるにはbreakを使ってあげる

‘use strict’;

for (let i = 1; i <= 10; i++) {
  // // if (i === 7) {
  // if (i % 3 === 0) {
  //   continue;
  // }
  if (i === 7) {
    break;
  }
  console.log(i);
}
実行結果

タイトルなし

今日はここまでです。少ししかできませんでしたが、とても面白いですね。これを実践で応用する事が出来るようになりたいと思います。

コメント

Translate »