JavaScriptの勉強 関数 引数 return スコープ

Programming



関数での処理
構文の途中に広告の処理を入れたい場合

同じコードが何回も出てくるとき、まとめて処理する方法

function を使う事が出来る

‘use strict’; // 関数 function showAd() {   console.log(‘———‘);   console.log(‘—AD—-‘);   console.log(‘———‘); } showAd(); console.log(‘toshi is great!’); console.log(‘hiro is great!’); showAd(); console.log(‘mimi is great!’); console.log(‘yumi is great!’); showAd();

**引数を使う
場所によって、内容を変えたいとき関数を呼び出し値を渡す

‘use strict’; // 関数 function showAd(meassege) {   console.log(‘———‘);   console.log(‘—${meassege}—-‘);   console.log(‘———‘); } showAd(‘Header AD’); console.log(‘toshi is great!’); console.log(‘hiro is great!’); showAd(‘AD’); console.log(‘mimi is great!’); console.log(‘yumi is great!’); showAd(‘Footer AD’);

実行結果

値を渡さなかった場合のデフォルト値の設定

use strict’; // 関数 function showAd(messege = ‘AD’)
 {  //仮引数   console.log(‘———‘);   
console.log(`—${messege}—-`);   
console.log(‘———‘); } showAd(‘Header AD’);   
  //実引数 console.log(‘toshi is great!’); 
console.log(‘hiro is great!’); showAd();
 console.log(‘mimi is great!’); 
console.log(‘yumi is great!’);
 showAd(‘Footer Ad’);
タイトルなし

***returnで値を返す


何度も同じ計算をするときに
function sumを使ってあげる、かっこの中に引数を入れるがカンマ区切りでいくらでも入れる事が出来る。

‘use strict’; // 関数 function sum(a,b,c) {   console.log(a+b+c); } sum(1,2,3); sum(3,4,5);


二つのsumを合算するにはreturnを使ってあげる

‘use strict’; // 関数 function sum(a,b,c) {   //console.log(a+b+c);   return a +b + c; } //sum(1,2,3); //sum(3,4,5); const total = sum(1,2,3) + sum(3,4,5); console.log(total);

実行結果

タイトルなし

****関数式

構文のまとめ
関数宣言
function 関数名 (仮引数,仮引数,………) {

処理;
処理;

return 返り値;

呼び出し
関数名(実引数,実引数,………..) ;

別の書き方 関数式
const 定数名 = function (仮引数,仮引数,………) {
            関数名がないので「無名関数」と言う
処理;
処理;

return 返り値;

呼び出し
定数名(実引数,実引数,………..) ;

例) ‘use strict’; // 関数 // function sum(a,b,c) { //   //console.log(a+b+c); //   return a +b + c; // } const sum = function(a,b,c) {   return a +b + c; }; const total = sum(1,2,3) + sum(3,4,5); console.log(total);

実行結果

タイトルなし

*****アロー関数


アロー関数を使えば短く構文を書く事が出来る

‘use strict’; // 関数 // const sum = function(a,b,c) { //   return a +b + c; // }; // const sum = (a,b,c) => { //   return a +b + c; // }; const sum = (a,b,c) =>  a + b + c; const total = sum(1,2,3) + sum(3,4,5); console.log(total);

タイトルなし

‘use strict’; // 関数 // const sum = function(a,b,c) { //   return a +b + c; // }; // const sum = (a,b,c) => { //   return a +b + c; // }; // const sum = (a,b,c) =>  a + b + c; // // const total = sum(1,2,3) + sum(3,4,5); // console.log(total); //引数が一つだと()も省略できる // const double = function(a) { //   return a * 2 ; // } const double = a => a * 2 ; console.log(double(12));

実行結果

タイトルなし

******スコープ


定数や変数のスコープとは有効範囲と言う意味

{}の中で定数や変数は有効となる。


ブロックの外で使いたい場合、別で宣言する必要がある。

‘use strict’; // Scope const x = 2;  //ブロックの外で宣言した場合、すべての範囲で有効グローバルスコープと言う。

ただしブロック内で同じ名前の定数がある場合そちらが優先される。

function f() {   const x = 1;   console.log(x); } f(); console.log(x);

実行結果

タイトルなし

if.whileでも同じように使う事が出来る。

コメント

Translate »