JavaScriptの勉強 配列 オブジェクト

Programming



複数数値を扱う時

‘use strict’;

{
  // 配列

//const score1 = 70;
//const score2 = 90;
//const score3 = 100;

const scores = [70,90,100];
console.log(scores);
}
実行結果

タイトルなし

順番をあらわすものの事 index(添え字 0から始める)
length: これは要素の個数を表す

配列の個々の要素にアクセスする方法

‘use strict’;

{
  // 配列
const scores = [70,90,100];
// console.log(scores[1]); //90

// 要素の変更
scores[2] = 120;
console.log(scores);
}

実行結果

タイトルなし

constで定義した値の変更はできるが、値の再代入はできない!
scoresの中身は変更できる!

‘use strict’;

{
  // 配列
const scores = [70,90,100];
// console.log(scores[1]); //90

// 要素の変更
scores = 2;  //値の再代入はできない!
}

タイトルなし
要素の個数の確認

‘use strict’;

{
  // 配列
const scores = [70,90,100];
// console.log(scores[1]); //90

console.log(scores.length);//3
}

実行結果

タイトルなし

**オブジェクトを作る
それぞれの値に説明をつけておきたい場合がある
例)playerゲームの情報を扱う
それぞれの値に説明をつけられるのがオブジェクト
オブジェクトの場合{}を使う

それぞれの説明と値をカンマで区切る

‘use strict’;

{
//オブジェクト

//const player = [‘toshilog,99’];
const player = {
  name: ‘toshilog’,
  score: 99,
}

console.log(player);

}

実行結果

タイトルなし
***オブジェクトを操作
ここの値へのアクセス方法
2つの方法がある

‘use strict’;

{
//オブジェクト

//const player = [‘toshilog,99’];
const player = {
  name: ‘toshilog’,
  score: 99,
}

console.log(player.name);
console.log(player[‘name’]);

}
実行結果

タイトルなし

値の変更

‘use strict’;

{
//オブジェクト

//const player = [‘toshilog,99’];
const player = {
  name: ‘toshilog’,
  score: 99,
}
player.score = 200;
console.log(player);
}

実行結果

タイトルなし

特定の要素を削りたい場合
deleteを使う事が出来る

‘use strict’;

{
//オブジェクト

//const player = [‘toshilog,99’];
const player = {
  name: ‘toshilog’,
  score: 99,
}
// player.score = 200;
// console.log(player);

delete player.score;
console.log(player);
}

実行結果

タイトルなし

オブジェクトの構文
const player = {

   name: ‘toshilog’,

    名前(キー)  
 score:     200,       この部分の呼び方全体をプロパティ、それぞれがキーと値と呼ばれる
   プロパティ(メンバー)
};

今日のプログラミング学習はここまで。

コメント

Translate »