まとまった時間を作るために出来る事!2つのいい方法があるよ!

Life hack
時間は川の流れのように向かってきます。両手であっても全部の水を自分の手の中に入れることは決して出来ません。
そのほとんどが、流れて行ってしまいます。流れて行った時間を取り戻すことは決して出来ません。なので、せっかく両手の中に入った水を大切に使いたいと思います。時間も同じです。せっかく作った時間を大切なことのために使いたいのではないでしょうか?
人によって手の中に入れる事の出来る時間の量は違います。そしてその手の中の時間はどうしても使わなければならないもののために使います。睡眠や仕事してお金を稼ぐ時間、食事や買い物など、また家族のために使う時間などもあるかと思います。
そうすると自分のために使う時間はどれくらい残るのでしょうか?残っても疲れて何も出来ないまま手の隙間からこぼれて失われてゆくようなものです。
日本にいた時、こういう感覚にいつもいました。毎日仕事して、疲れて、クタクタになり、休みの日でも疲れて寝てしまい、次の週が始まりの繰り返し、機械の⚙の一つで壊れたら取り替えられるだけでおしまい。の感じです。
そんな生活に嫌気が差して来ると、精神的に参って体を崩してしまいます。日本はうつ病の薬消費大国であるのもわかります。
時間を作り出すために何が出来るでしょうか?
私がした2つの方法は、断捨離と海外移住です。2つとも思い切った調整でしたが、大切な時間を生み出すためには必用な事でした。
まず、断捨離ですが3LDKの広さの部屋から1DKの部屋の広さのところに、引っ越し出来るくらいの量まで物を整理しました。結局持ち物は当時持っていたコンパクトカーに収まるぐらいまで、物の量を減らす事に成功しました。
その結果、自分の自由に使える時間が大幅に増えました。物を管理するための時間が圧倒的に少なくなったからです。広いところに住んでいると、掃除一つするだけでもその分時間が取られてしまいます。小さなことに思えるかもしれませんが、それが手の中に入った少ない水を減らさない事に繋がります。

海外移住

2つ目の海外移住は、生活費の安い東南アジアにゆけば日本で生活する、3分の1くらいの生活費ですむのでその分働かなくても良くなります。いま私の住んでいるタイでは、家賃も含めて5万くらいで十分暮らすことが出きます。贅沢しても7万くらいです。
単純な計算ですが、日本で労働する時間の3分の1でいいと言う事になりますね。そうすると、最低労働時間を目安に計算すると月に160時間の3分の1なので月に50時間程の労働時間で良いと言う事になります。
1日に働く時間が2時間いらないくらい、日に直すなら月に6日くらいの計算になります。あとは、全て自分のために使うことの出来る時間を、確保する事ができる様になると言うことです。時間があると考えたり行動したりする時間が増えます。ビジネスをしたい人であるならば、そのアイデアを生み出すために考えたり調査したり行動したりする自由な時間が使えます。

時間があるとできる事

日本以外の人たちの生活スタイルをじっくり観察したりすることが出来るので勉強になります。日本人とは考え方が違うのがよくわかります。タイ人は国による生活の保障を十分に受ける事が出来ない人がほとんどなので、自分でビジネスをしている人がたくさんいます。アイデアを生み出して差別化をしている人もいます。

例えば、タイではプリンターのインクタンクの部分を改造して互換性インクを販売している小さな会社がたくさんあります。日本のメーカーはこれにやられたようですね。この方法を日本の会社もコストを抑えるために取り入れて使っている事があります。

自分で作ったオリジナルのお菓子をナイトバザーや道端で売ったりしている人もいます。暑い国なので氷を製造する会社がたくさんあります。道端で小さなカフェを経営している人もたくさんいます。暑いのでドリンク系は何処でも売れます。移動アイスクリーム屋さんも結構いてオリジナルを作って、注文を取っている人もいます。売れ行きが悪いとスピーディーにビジネススタイルを変更しています。などなど他にもたくさんあります。

日本でやるには法律や資格などの問題があって難しかもしれませんが、たくましく生きている人たちのビジネスアイデアは参考になります。需要をいつも考えて行動しているところはすごいです。こういう事は時間を使って現地で生活してみないとわからないことであったりする場合がほとんどです。日本にあって海外にはないもの、海外にあって日本にはないものを探すのは結構面白いです。いいものを発見したら、とりあえずアマゾン出品してみてリサーチすることもできます。反応がありそうなら海外から日本に送ってFBAを使って販売してもらう方法もあります。
khanh-ngo-1210226-unsplash

ビジネスだけではなくて、語学を勉強したり、プログラミングを勉強したりすることも時間があれば集中してできるのではないでしょうか。私は今プログラミングの勉強をしていますが、自分の仕事のために学んでいます。プログラマーとして生計を立てる事を目標にするというよりもビジネスに生かすために学ぶという観点で勉強しています。なので、独学で十分です。

貯金があるけど時間がない人でプログラマーを目指したいのであるならば、選択肢の一つに一度まとまった時間を確保する為に海外で勉強するという方法もあります。生活費を安く抑える事が出来るのでその分時間を買う感覚です。

プログラミングの勉強をするのによい教材はたくさんあります。高いお金を払ってスクールに通わなくても勉強する事が出来ます。プログラマーになって早く仕事がしたいのであるならば、就職支援付きのスクール(オンラインプログラミングスクール無料カウンセリングもありますよ!)に通ってもいいかもしれません。

もう少しゆとりをもって自分のペースで学んでゆきたいのであるならば、海外と言う手もあります。勉強しながらエージェントサイトに登録して自分のスキルに応じた仕事を紹介してもらうという手もあるかもです。

まとめ

断捨離でも海外移住を目指すのでもどちらかでも一つやれば、時間を作り出すことは可能です。時間を作ると、可能性が広がってゆきます。少しでもあたりがあればタックルしてみると面白いと思います。

コメント

Translate »