熱中症の季節!在宅ワークでも気をつけるべき事!対策するならアプリを活用!

Life hack

タイも日本も暑いですね。

日本のニュースを見ていて記録的な暑さで、熱中症で搬送されている人がものすごくたくさんいるとのことでした。

だんだん日本も地球温暖化の影響を受けて、タイ並みの気温になってきたんだなあと感じました。

熱中症に加えて気をつける事!

タイでは熱中症のニュースを見たことがないのですが、暑いのが当たり前の国なので話題にならないのかもしれません。

でも暑いのは同じです。

暑いです。

暑くて暑くてたまらないときがあります。

この季節気をつけなければならないのは、熱中症だけではありません

脳梗塞も気を付けなければならない季節です。

脳梗塞は冬に発症しやすいと思われがちですが、実は6月から8月の暑い季節が最も多いらしいです。

若い人でも脳梗塞にかかります。

一度発症すると治る事が難しいとされて、再発しやすく治っても生活に影響がでてしまうのはつらいですね。

ある30代の男性が、仕事がとても忙しくて、夜もお酒の付き合いなどがあり、

次の日には仕事に行かなければならない状況で、睡眠も十分とる事が出来ずかなりのストレスを抱えていたようです。

頭痛と首周りの肩が異常に凝っていましたが若さや体力でカバーできていたのかほっておいたら、

脳梗塞を発症してしまったという内容のニュースを読みました。

その人の、血圧を搬送された時に計ったら180/140と書かれていました。

脳梗塞になる要因としては、ストレス、お酒、たばこ、などがありますが。

これに加えて、暑さがそこに加わってくるとリスクが大きくなるという事がわかります。

脱水状態に陥り血液がドロドロになって血管が詰まりやすい状態になることは、

今の時代分かっている事なので十分に気を付けたいですね。  

この季節、怖いのは熱中症だけではなく

脳梗塞も発症する危険性がとても高い、ということをいつも意識することは大切です。

若い人でも同じと言う事ですね。

在宅ワークであったとしても、水分補給を忘れがちになってしまって、

気づいたら脱水症状になっていた、なんて事にならないようにしたいものです。

対策として何が出来る?

出来るだけ涼しいところにいる事とこまめに水分補給すると良いという事でした。

ついつい水分補給を忘れてしまいがちですが、十分に気を付けなければならないと言うことですね。

タイはとても暑い国なので、同じような問題に直面していると思います。

熱中症とか脳梗塞とかあまり話題にはなりません。

暑いのが当たり前の国だからなのでかなと思います。

タイ人はこういう季節に免疫があるからとか慣れているわけではなく、

こまめに水分補給をいつも意識していますね。

よく、友人から水分補給をするように言われたりします。

最近では、テクノロジーを活用していて、自分の水分補給するタイミングは、

いつなのかをアプリが教えてくれるというものを使っている友人もいます。

体重と慎重と年齢などを入れて、その人その人の水分補給を管理してくれるというものです。

気になったので、日本版のアプリがあるのかを調べたらたくさんありました。

熱中症対策に便利なアプリ まとめ

レビューを見ると水分補給を忘れがちなので、大変助かると言うコメントはたくさんありました。

何かに集中しているとついつい水分補給するのを忘れてしまいがちなので、

便利なアプリを使って自分を管理するのはとてもいいことですね。

もちろん、のどが渇いたなあと感じたらすでに脱水状態なのでその前に飲むのがベストだとおもいます。

アプリと併用して水分補給を意識することが大切ですね。

iosを使っている人はこんなアプリがあります


わたしの水バランス:毎日の飲み物トラッカーとリマインダー


アンドロイドを使っている人はこのアプリがあります。


Water Drink Reminder

コメント

Translate »