壁にぶつかり行き詰まった時に出来るマインドチェンジ3つの事!

Life hack

miguel-bruna-503098-unsplash

仕事をしていて、壁にぶつかり行き詰まって手が止まってしまうと言う事があります。目の前の壁が乗り越えられそうに思えずあきらめそうになることもあります。がそんな時にポジティブマインドで、目の前の壁を何とかして乗り越えようと言う強いマインドをどうすれば手に入れる事が出来るでしょうか?

普段している、3つのことをまとめておこうと思います、。

①人間のマインドつまり思考が自ら壁を大きくしてしまうという事実を認める
壁にぶつかっても常にポジティブマインドでいるためには、考えを意識してコントロールする必要があると言う事です。マイナス思考が自ら壁を大きくしてしまうと言うことを理解しておく必要があります。つまり、人間の感情は頭の中にある考えに大きく左右されるという事実です。アメリカの心理学博士のウェイン・W・ダイアー博士は「思考を経ないところに、気持ち感情は起こらない」と述べています。

なので、行き詰まってしまったと感じるようになったらマイナス思考を育てないように、考えをコントロールしなければと意識すると言う事です。もし、マイナス思考をそのままにしておくと「あきらめる」と言う津波に確実に飲み込まれてしまうことになります。

②ポジティブマインドにチェンジするために、自分なりのスイッチを作っておく。
壁にぶつかってマイナス思考に陥り始めたら、切り替えスイッチをオンにする事が出来ます。自分なりの切り替えスイッチを持っておく必要があります。マイナス思考要因が気になるかもしれませんが、そこはスパッとスイッチをオンにします。頭の中を切り替えるのです。

人それぞれ違うかもしれませんが、私はカフェに行きます。仕事の情報は見ないようにして、音楽や、お笑いなどを見たりすることもあります。加えて、ただ街をぶらぶら歩いたりするだけでも頭の中がスッキリする事があります。天才と呼ばれている人たちで、アインシュタイン、現代ではスティーブジョブスも歩きながら考えていいアイデアが浮かんできたと言っています。

歩きながら、浮かんでくるのです。浮かんでくると言う感覚を味わいたいですね。頭を冷やすと言うのはこういう事なのかもしれません。行き詰まっている時は考えても考えても、いいアイデアが浮かばなかったり解決策が見いだせないでオーバーヒートしているような状況なので、頭をクールダウンさせて切り替えると言う事が必要です。

③ポジティブマインドにチェンジするために、ポジティブな人の伝記を読んだり映画を見たりする。
一言の力、言葉の力を借りて自分を奮い立たせる事が出来ます。例えば松下幸之助さんの伝記を読んでみたり、海賊と呼ばれた男の映画を見たりすることが出来るかもしれません。結構面白いです。あきらめないことの大切さ、壁にぶつかっても乗り越える方法をあれこれ試したりすることの大切さ、絶対に乗り越えるんだと言う強い意志などなどが見れます。



少し壁にぶつかりつつあったので、マインドをチェンジするために書いてみました。
それではまた( ´∀`)つ

関連記事

週の始まりにやる気を起こすために意識している事!3つの簡単な方法!

コメント

Translate »