海外移住をする方法!語学留学は一つの方法!

skillappgirl Study
日本を脱出して海外に移住する人やしたい人が増えています。私も3年前移住しました。東南アジアを転々としてタイのチェンマイにたどり着く事が出来ました。
東南アジア以外の国で今まで行ったことのある国は南米のアルゼンチン、メキシコ、ブラジル、ロサンゼルス、ハワイなどです。ハワイは旅行で行きました。

海外移住

海外移住した時の事を思い出しながらメモしたいと思います。

東南アジア

移住するならば圧倒的に物価の安い東南アジアがオススメですね。治安の良いタイ特にチェンマイは安全なので安心して暮らすことができる事もオススメな理由の一つです。
若い人ならばビザの取得の選択肢が限られて来ます。海外移住のハードルが一番低いのは語学留学する方法かなと思います。
なぜなら学生ビザの取得がわりと簡単な事が挙げられます。タイの場合ビザを発行してくれる学校がありますのでそこにお願いして取得することが出来ます。
日本で学生ビザを取得して来なくても、タイにノービザで入ってからタイの学校にお願いする方法が一番簡単です。日本でビザを取ろうとするとめちゃくちゃ面倒くさいです。
私も最初の頃に学生ビザを取得していた時期がありました。1年間のビザでみっちりタイ語を勉強しました。
マンツーマンの個人レッスンを受けたので習得のスピードは早かったです。ネイティブとの会話をみっちり行いますので勉強しながら実践なので早く習得出来ます。
残念ながらほとんどの授業は英語でタイ語を学ぶと言うスタイルです。日本語でタイ語を教えてくれるところも無い事はありませんが、高額であったり、小規模なので授業時間の融通がきかなかったりすることがあったりするのであまりオススメはしません。  
英語で授業と言っても中学校レベルの英語が分かればついて行く事は十分できると思います。少し金額は高くなりますが最初は個人レッスンを選んだ方がいいと思います。人によりますがグループレッスンを選ぶとついて行けなくなるリスクがあります。
2年目以降も通えそうならグループレッスンに切り替えると楽しくなってきます。外国人の友達も出来る事でしょう。1年も勉強して生活すると海外生活もかなりなれてくるので余裕も生まれてくると言えます。
タイの周辺国へも遊びにゆく事も可能です。ラオス、ミャンマー、マレーシア、カンボジア、ベトナム、シンガポールなどにも足を運ぶ事も出来るのでいろんな国を見て回って楽しむことも可能です。

移住にかかる費用

実際に1年間の留学費用はどれくらいかかるのか知りたいところですね。語学スクールの費用も含めて海外生活費はざっと150万あれば十分すぎるかなと思います。何かあった時のために少し余裕を持たせたいのでこれくらいあれば安心かなと思います。
もちろん使い方にもよりますが、ひと月家賃も食費も含めて5万くらいにおさめて、プラスマンツーマンの個人レッスンが1年間に17-20万円くらいと考えて、プラス近隣国へのビザ取りなどの旅行費用5万円、プラス日本への往復の航空券1回分6万円、プラス多分日本に半年目くらいで一時的に帰りたくなった時の往復の航空券6万円と時々遊びたいので5万〜10万見ておいたとすると、トータル1年間のうちわけは次の通りです。
生活費60万
学校20万
航空券2回分12万
遊び代10万
合計102万円になります。
月々の生活費は借りるアパートやコンドーなどによります。ひと月の生活費5万円の計算にしましたが、これは光熱費も含めて月2万円くらいの家賃のところに住んだ場合の計算です。2万円出せばかなりキレイなところに住めます。
もっと安くすることもできますし、150万円の計算で予算を組んだ場合なら逆にもっとグレードのいいところに住むことも可能です。

まとめ

もし貯金があるならばこれくらいの予算で東南アジアへの留学は十分に可能です。海外移住する人が増えたとはいえ実際には少ないです。
そこまで行動できる人は限られているでしょう。なので貴重な体験をする機会やチャンスがあるならチャレンジする事は自分の貴重な財産になると言えます。視野を広げる事が出来る事は間違いないです。外国の文化や価値観の違いなどを目にすると、考え方が刺激されます。
海外に出た時の最初の頃を思い出しながら海外移住に関する記事を書いてみました。

コメント

Translate »