ミャンマー旅行ブログ!タイの隣の国ミャンマーもまた居心地の良い移住候補に入ります!

Travel

ミンガラバ(ミャンマー語でこんにちは)。一週間ミャンマーに滞在してみて感じたことは、タイと同じように私にとって居心地の良い国でした。

移住の候補に十分上げる事の出来る場所でした。フリーでノマドライフを楽しんでいるものにとって、治安が良くて物価の安い国は移住候補になりますね。

物価面では私の住んでいるタイのチェンマイとそんなに変わらない感じがしましたが場所に依るのかもしれません。

ヤンゴンなど都会に行けば行くほど物価は上がってゆくので、ミャンマーでも田舎の方に住むならばタイ以上に格安で暮らせるのかと思います。

一般的なミャンマー人の一日の最低賃金が日本円で400円くらいと言われています。タイは1000円くらいと言われているので半分以下で暮らしていると言う事になります。

田舎の方に住むミャンマー人の生活レベルに近づければ近づけるほど生活費がかからなくなります。

ちなみにミャンマー人と友達になったのですが、3階建ての新しい賃貸住宅で一か月4000バーツと言っていました。かなり広くて快適な生活をおくる事が出来る造りでした。

なのでタイの物件よりもかなり安いと言う事です。私の住んでいるチェンマイのアパートも4000バーツなのですが築10年で12畳くらいのワンルームです。

食べ物に関しては日本人にも合う味付けがされていました。ミャンマーには中国人中国系の人がたくさんいるのですが、中華も結構あってサラパオ(中華まん)が激旨です。

何回か食べたのですが食べきれなくて冷蔵庫にしまって次の日に冷えたサラパオを食べても激旨でした。写真撮るのを忘れたのですがよく中国の映画で出てくる蒸す籠で作るのですが、これが美味しさを一層そそるものとなっていました。

ミャンマータチレクの場所ですがタイ北部のチェンライと言うところから更に北の方に足を延ばしてメーサイと言うところから行く事が出来ます。

チェンマイからですと山道を走ってバスで6時間ほどかかります。このメーサイの国境は歩いて国境を超える事の出来る場所として珍しいところです。

ミャンマー人たちはタチレクからタイの方へ国境を越えて毎日働きに来ています。ミャンマー人は優遇されていて7日間10バーツほどで国境を行き来できるようになっているみたいです。

タイで働いてミャンマーに戻ると言う事です。なのでミャンマーのタチレクはミャンマーの通貨チャックよりもバーツが普通に使われている場所でした。

どのお店に行ってもバーツが普通に使えるので両替しなくても良いところが楽でした。お釣りも普通にバーツで帰ってきましたのでめんどくさい計算をして、ちょうどよくバーツを使おうなどと言う気を使わなくてすむのがよかったです。

ラオスに行くといつも支払いの時にお金の計算ばかりしているイメージがありますがタチレクの場合タイで生活するのと変わらずのところが良かったですね。

と言う事でミャンマー旅行の写真をアップロードして記録として残しておきたいと思います。

タイ側から入るゲートです。入るときはタイランドのマークの左側の通路から入ってゆきます。

タイのパスポートコントロールで出国スタンプを押してもらい国境を越えてゆきます。今は両手の指紋が取られるようになったのですね。(ミャンマーから帰ってくるときも指紋のチェックがあっておそらく出国した本人かどうかの正確なチェックをしているようですね)今度は右側の通路からミャンマー側へ入るので車やバイクに気を付けて道を渡ります。

ミャンマーへINの文字が書いてあるのですぐにわかると思います。

今度はミャンマー側でパスポートコントロールで入国手続きをします。今は30日間ノービザ無料で入国できる期間なのでミャンマーで遊びたい人は今がチャンスです。

タイのパスポートコントロールみたいなすぐに手続きをする場所がわかる感じではなくて、どこに行ったらいいのかわからないのでパスポートを手に持って歩いてゆくと、こっちこっちとミャンマー語で言ってくるのでその部屋に入り写真を撮られるのとパスポートにスタンプを押してもらいます。

それが終わるともういいのかと思いきやもう一つ部屋があってそこで質問されます。ビザランですぐに帰るのか?私は一週間滞在する予定だったのでその日数を伝え、そのことを記録していました。パスポートのチェックが2か所あるということですね。簡単な質問もされます。

無事に入国できるとタチレクのロータリーが迎えてくれます。

ロータリーを右手前に降りて行くとすぐにマーケットが広がってゆきます。見ていて飽きない物ばかりですが偽物がたくさん売られています。お店の人にオリジナルマイ?と聞くとマイ(偽物だよ!)と言ってきます。

ミャンマーからの出国は来た時と逆のことをするだけです。右側のゲートから入って出国手続きをしたら左側の道に渡ります。タイに入るときには入国カードを書かなくてはなりません。

ミャンマー 面白かったです。雨が何日か降ったのですが地元の人とも話が出来て楽しめました。アジア好きな人なら飽きる事はないと思います。少数民族の街や文化も面白いのでまた今度メモしたと思います。それではまた( ´∀`)つ

コメント

Translate »